【桜花賞 2016年】 ジュエラーのトライアルレースを熟考してみる。

さて桜花賞出走予定の馬の調教状態も色々なニュースになってますね〜

ちなみに一週前の追い切りに関してはコチラにまとめてあります。

その中でもなかなか評判が良いのがこの馬。

ここまで3戦して一勝ですが

2着が2回。

それもシンザン記念チューリップ賞ですから

中々のモノかと思います。

それではジュエラーについ、掘り下げてみましょうか〜

この後は「 桜花賞 2016年 ジュエラー考察!!」

桜花賞2016年 ジュエラー考察

ジュエラーのシンザン記念

この馬・・・・・

デビュー二戦目がシンザン記念だったんですよね。

1番人気で、大きく負けてしまったピースマインドに関しては

すみれステークス若葉ステークスと良いところ無く敗れてますね。

シンザン記念で優勝したロジクライは、

左前脚の深管を傷めたためスプリングステークスを回避。

5月あたりの復帰になりそうなんて話もあります。

3着だったシゲルノコギリザメも

ファルコンステークスで3着に入ってます。

シンザン記念4着のアストラエンブレムは

とりあえず500万下を抜けたばかり。

しかし今週のニュージーランドTでは1番人気になりそうですね。

さてジュエラーですが

牡馬に混じって堂々の2着でしたが

評判通りの強さを見せてくれました。

最後方を追走していき

4角で大きく大外をまわってきましたが

もの凄い脚でした。

4角であれほど団子になっていなければ

距離のロスもなく

ロジクライをとらえたと思います。

ジュエラーのチューリップ賞

シンザン記念の次走はチューリップ賞を使ってきました。

1番人気になりました。

当然でしょう。

しかしシンハライトの2着に惜しくも敗れてしまいました。

道中、併走して走ってましたが

最後まで同じような形でゴールしていきましたね。

あれだけの高速馬場になっていたにもかかわらず

この2頭が抜けていたんでしょうね。

しかしこのようなレースを再現できるかは

多少疑問が残りますが

スローペースになろうがハイペースになろうが

しっかりとした末脚を見せてくれることがわかりましたね。

ジュエラー 桜花賞への展望

 

血統から見ると

桜花賞って圧倒的にサンデーサイレンスなんですよね。

それもディープインパクト

ここは絶対なんでしょうね。

今年に関してはシンハライトとなるのでしょうかね。

ジュエラー はヴィクトワールピササンデーサイレンスです。

今年が初めてのクラッシックになりますから

俄然注目ですね。

ワタクシ的にはヴィクトワールピサ産駒は結構走ると期待してます。

展開的にはチューリップ賞のような高速馬場ではなくなると思います。

しかし週末にかけて晴れになるようですから

馬場はイイ感じだと思います。

展開に関しては

メジャーエンブレムをマークして行く走りにはならないでしょう。

メジャーエンブレムがどのようなラップを刻んで行くか

がカギになるのはのは当然ですが

もしスローペースになるようだと4角で捌くのが大変になりそうですよね。

他の展開を予想しているページでは

早い段階でまくっていくのではないか?

なんて話もあるようですが

今までと極端にレースプランを変えてくることはないでしょう。

去年みたいな展開は無いかと思いますが

外枠には行ってくれれば安心してみていられるのでは無いかと思います。

桜花賞の推奨穴馬!

血統的にも良いし

展開もこの馬に味方しそうなんですけどね〜

ワタクシはこの馬を推奨いたします。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

(プロフィール欄に記載してあります!)

桜花賞 2016年 予想!!

という事で、現段階の予想をのせておきますね~

直前まで予想は変動しますので

ちょくちょく見ていただけたらと思います

↓↓↓

 KLAN_終了 ”width=

ここら辺のデータは、KLANで見る事ができます。

私はこれできっちりデータ管理してます!!!

↓ ↓

 KLAN_終了 ”width=