【 天皇賞 (春) 2016年 】ゴールドアクターの信頼度?日経賞組を考察ししてみよう!

さて来週の日曜日の京都競馬場のメインレースは天皇賞 春ですね。
4歳上・G1 芝3200m 定量で行われます。

レースを検討する際に気になる点として
競走馬のレース間隔・ローテーションがあります。

春の天皇賞は3200mの長丁場。

昔は典型的なステイヤーを選んでいくような感じだったかと思いますが
最近はそうでもない馬も勝てる展開になることがありますからね。

例えばトーセンラー

ま、基本ラインはステイヤーですが
京都ってところで考えた方がイイ馬も出てくるのかもしれません。

さて今回は、春の天皇賞のステップレースである日経賞をふり返ってみましょう。

日経賞 2016年 結果

着順通りに記載してみました。

  • ゴールドアクター
  • サウンズオブアース
  • リアライト
  • アルバート
  • ディサイファ
  • アクションスター
  • ホッコーブレーヴ
  • コスモロビン
  • フラガラッハ

当たり前って言えば当たり前な結果となったこのレース。

当然配当も馬連で370円ですね。

この中でビックリなのですが
リアライトの次走は目黒記念という噂ですね。

ココに出してきても
恥ずかしくないレースができると思うのですが・・・・


この後は「日経賞から天皇賞へ 有力馬検討!」


日経賞から天皇賞へ 有力馬検討!

ゴールドアクター

この日経賞に関してはサウンズオブアースに1番人気を奪われてしまいました。

私もそうだったのですが
今思えば、ゴールドアクターに対してサウンズオブアースが一泡吹かせるのが見たい!
といった人気だったんじゃ無いかと思ってしまいます。

サウンズオブアースのファンには申し訳ないのですが
はっきり言って勝負がついた感があります。(あくまで私見です)

天皇賞はは京都競馬場で行われますが
京都競馬場はこの馬の出世レースの菊花賞

三歳の春は青葉賞に4着でダービ−には出られず。

しかし8月の札幌で条件戦と1000万下の支笏湖特別に2連勝して、菊花賞に出てくる事になるわけですよね。

このローテーションですが面白いですよね。

この札幌はともに2600mなんですよね。

という事はこの馬の長距離の能力を考えてのことだと思うんですが
ズバリでしたね。

で、結局菊花賞は3着。
しかし着差よりもこの馬は強くなるな〜と印象づけられたレースだったと思います。

さて、去年の夏の復帰から負けなしの5連勝。
ハッキリ言って相当な強さだと思います。

そして有馬記念
見事でした。
8番人気でしたが△をつけさせて頂きましたが
ワタクシ的には、勝つまでは行くかと思っていたかというとそうではなく、ビックリの優勝でした。

しかし着実に成長してましたね。
そして、まだまだ伸びてくるかもしれません。

中心視で良いと思います。

サウンズオブアース

日経賞では惜しい2着ではありました。

しかし、上にも記しましたが
ゴールドアクターとの上下関係が見えたのかもしれません。

で、ゴールドアクターと比較するには菊花賞も見ておきたいのですが
4角で内には入れたんですよね、この馬。
京都の4コーナー後の内ラチが無くなっている所にすっと入るんですよね。

ゴールドアクターは外から。

まぁ、蛯名騎手が上手く乗ったと言えばそれまでなのですが
あのコースをとれたからの2着とワタクシは見てました。

もう5歳になりますが
ゴールドアクターの充実ぶりから見ると
下に見えてしまうんですよね・・・・

それがハッキリした日経賞だったのかもしれません。

アルバート

去年のステイヤーズステークスの優勝馬ですね。
非常に強い勝ち方だったと思います。

アドマイヤドン産駒でもありますし
典型的なステイヤーだと思います。

そして晩成型だとも思います。

条件としては非常に良いのですが
ゴールドアクターと比較すると
やっぱり見劣りしてしまうのが正直な評価です。

天皇賞・春の推奨穴馬!

予想オッズがまだ出ませんので穴になるかどうかわかりませんが
いつも人気が出ないんですよね、この馬・・・・。

という事で、ワタクシはこの馬を推奨いたします。
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ
(プロフィール欄に記載してあります!)

天皇賞 春 2016年 予想!!


という事で、現段階の予想をのせておきますね~
直前まで予想は変動しますので
ちょくちょく見ていただけたらと思います
↓↓↓


ここら辺のデータは、KLAN で見る事ができます。

私はこれできっちりデータ管理してます!!!
↓ ↓
【出走馬を6頭に絞る★KLANプレミアム】