「新装開店!」三着までに入る馬をさがすブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【東京競馬場】芝1400mの攻略法!

コース攻略

今回は、東京競馬場の芝1400mの傾向を見ていきたいと思います。

東京競馬場と言えば、最後の長い直線。
そして、そこでのたたき合い。

見応えがありますよね。

そんなスリリングな競馬場ですが
この芝1400mはどんな傾向があるのでしょうか?

この東京芝1400mの特徴をざっくりまとめると

  • 後傾ラップ
  • 直線に向いてからが勝負
  • 1番人気の成績が悪い

非常にクセのあるコースなんでしよね。

今週の番組表では、
土曜日の京都競馬場の芝1400mのレースは京王杯スプリングカップがありますね。

結構番組も多いコースですから
このコースのクセを覚えていて損はないでしょう〜

この後は「東京競馬場 芝1400mの攻略法! 」


東京競馬場 芝1400mの攻略法!

東京競馬場 芝1400mの形態

向こう正面の中間あたりからのスタート。

最初のコーナーまで、ソコソコ距離があります。
ゆったりと曲がっていきながら直線を向かえます。

そこから東京の長い直線となります。

ここに脚をためたい馬が多くいるのでスローな展開になりやすいんですよね。
要するに、直線に入ってからの「せーの!」って感じのレースです。

で、やっぱりスタミナはいるんですよね。
距離延長よりも距離短縮できている方がイイ感じですね。

東京競馬場 芝1400m 枠順の有利不利!

いつも通り、KLANからのデータですが、

[東京競馬場][芝1400m][枠番]

内枠が良さそうですね。

これはゆったりとしたカーブが続くので
内々につけたほうが、距離のロスが少なく直線に入れるからなんでしょう。

かといって、派手に内が良いと言うわけではないと思われます。

無理せず先団に取り付ける事ができるぐらいなんでしょうね。

京都競馬場 ダート1200m 脚質の有利不利!

このデータも KLAN からです。

[東京競馬場][芝1400m][脚質]


逃げ馬の成績が目立ちますが、差し馬もよくきてます。

回収値を見る限り、差し馬は順当に勝っている感じかもしれませんね。
バチッと好位につけて突き抜けられる、強い馬って所でしょう。

逆に逃げ馬に関しては、意外と前残りがあるのでこのような値になっているかと考えられます。

コレは、ペースがスローになりやすいのでそうなった場合の前残りなんでしょうね。
先行馬もそうとらえて良いかと思います。

人気薄だとしても、前で粘れるコースなのかもしれません。