「新装開店!」三着までに入る馬をさがすブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【東京競馬場】芝2400mの攻略法! ビッグレース前に勉強しておきましょう!

東京競馬場】芝2400mの攻略法!
今回は東京競馬場 芝2400mの傾向を見ていきたいと思います。

このコースは、オークス・ダービー・ジャパンカップと大レースが行われるコースですね〜

当然、このコースをよく知っておくことは競馬を楽しむために必須事項です。

ということで、今回は東京芝2400mの特徴を勉強していきましょう!


この後は「東京競馬場 2400mの攻略法! 」


東京競馬場】芝2400mの攻略法!

東京競馬場 芝2400mの形態

正面の掲示板の向かって左からのスタート。
約400mの直線がこのコースの始まりです。

1コーナーの所からゆったりと下り坂。
しかしそれほどペースが上がることは少ないかと思います。

向こう正面で少し上がって下がってがありますが
基本的には淡々とレースが進みます。

コレは2400mと長丁場になるからだと考えられます。

最後の直線に入ると長い直線が待ってます。

ココでスタミナを使うので、ほとんどの馬が道中スタミナ温存したレース運びとなります。

東京競馬場 芝2400m 枠順の有利不利!

今回もKLANからデータをお借りしてます。

東京競馬場_芝2400m_枠番

勝率で見る限り、内が俄然有利な感じですね。

これはコーナーが四つありますが、緩やかなので
外枠は距離をロスするんでしょう。

そして複勝率を見ても1〜3枠がイイ感じですね。
2枠の回収率の高さは目を見張ります。

しかし、やっぱり展開で変わってきます。

ペースが速くなってしまったりで、先行馬がスタミナを使い切ってしまう展開では
内も外も関係無くなる感じですね。

前がつぶれてしまうかどうかの展開予想は重要ですね。

後、もう一点。
頭数です。

小頭数のレースではそれほど影響はないかと思いますが
多頭数となると、外が不利になってきます。

当然と言えば当然ですが、
ヒモ馬の取捨の検討には必要な因子となるでしょう。

東京競馬場 芝2400m 脚質の有利不利!

東京競馬場_芝2400m_脚質

コチラもおなじみのKLANのデータです。
本当に便利ですね〜

勝率で見る限り、先行・差しという所でしょう。

コレはみんながもっているイメージ通りでしょう。

しかし複勝圏内となってくると、逃げのこりがありますね。

ここら辺はイメージとずれてきますので、人気薄になるのでしょう。
よって、逃げ馬の回収率が高くなっているんでしょう。

この逃げ馬が残る展開ですが
条件によってかなり変わってくる傾向もあります。

どういうことかというと、
古馬の重賞になってくると、キレッキレの瞬発力がある馬が、やっぱり強いんですね。

しかし、下位条件ではそのように能力が非常に高い馬がいないので
先行したままゴールしてしまうレースとなるのかもしれません。

やはり、上がりの早さは馬の能力を測る上で重要かと思います。

ということで、重賞などの大レースではだいぶ結果が違うかもしれません。

東京競馬場 ダート2400m 血統の有利不利!

今回は血統も見て行きますよ〜

東京競馬場_芝2400m_血統

やはり、「東京競馬場トニービン」という格言?はアリだと思います。

となるとジャングルポケットも走るかと言えばそれなりです。
すごい強さというわけではないかと思います。
勝率に関して言えば、ちょっと低いかなって所でしょうか。

では何が強いかと言えば、やはりディープインパクトは結果を出しています。
しかし、やはりそもそも人気馬になるので回収率はあがってきてませんね。

それ以外にどうかと言えば、ハーツクライゼンノロブロイが良いかと思います。
勝率も高いですし複勝率も高いです。
そしてなんと言っても回収率が高いです。
迷ったら、ハーツクライゼンノロブロイですかね。


先日の青葉賞を見てみると
優勝したヴァンキッシュランはディープインパクト
3着だったレーヴァテインもディープインパクト
しかし、2着に入ってきた5番人気のレッドエルディストはゼンノロブロイでしたね。

ワタクシ事ですが
今年の青葉賞ゼンノロブロイ産駒が入ってくるのならば、
メートルダールの方かと思っていましたので・・・・。

東京競馬場 ダート2400m まとめ!

今回は東京競馬場芝2400mについて検討して見ました。

傾向としては

  • 内枠
  • 重賞ならば、先行勢がスタミナ切れしそうな展開と読んだならば差し馬

こんな感じで、いかがでしょうか〜