「新装開店!」三着までに入る馬をさがすブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【オークス2016年】過去10年の枠順の傾向を検討して見ましょう!(後半)

長々となってしまって申し訳ございません。

色々掘り下げてみると、オークスに勝つ馬は偶然ではなく必然であったことが見えてくるようなこないような・・・・。

いずれにせよ、こういう風に考えてみると、ワクワクしませんか?

この偶然と必然を考えるために
高配当になる場合ってどんな感じなんだろうと考えてみました。

keibahakakuritu.hatenablog.com



という事で、枠順に関して外枠の方を見て行きましょう!

まずは内枠に関してはコチラを参考にして下さい!
keibahakakuritu.hatenablog.com


オークスにおける枠順を検討するための資料

まずコチラから。

過去10年オークスの人気傾向と配当金です。

オークス_2016_過去10年_結果_人気_配当

それから枠順の傾向の一覧です。

東京競馬場_芝2400m_枠番


コレを参考に以下の記事を見てみて下さいね。

オークスにおける5枠の傾向・2016年

ではまず、ぱっと見派手な感じの5枠を見てみましょう。
3頭優勝してます。
そして7頭が複勝圏内に入りダントツのトップですね。

で、なんでそんな感じになったかと言えば
かなり人気の馬がここに入っているんですよね。

では具体的にこの5枠に入っていた3番人気までの馬は

ミッキークイーン
ヌーヴォレコルト
ハープスター
ヴィルシーナ
マルセリーナ
カワカミプリンセス

この6頭です。

どうですか。
強い馬達がこの枠に入ってきてますね。

ですから平均人気が低い数値となっています。

で、この3番人気までの成績ですが
馬券を外したのはマルセリーナの4着のみ。

で、4〜9番人気以降の馬は5頭いますが
そのうち2頭が3着に入ってきてます。

二桁人気はというと9頭ですね。
この結果は1頭も馬券になっておりません。

これは上記しましたが
オークスに関しては、二桁の人気になるような馬は限りなく馬券にならないレースと言うことです。

オークスにおける6枠の傾向・2016年

さらに良くなさそうなのが6枠。

なんと、一桁の人気の馬は、たったの4頭。
その内訳ですが、2番人気の馬が1頭。
3番人気の馬が1頭。
4番人気の馬が1頭。
8番人気の馬が1頭。

この4頭以外は二桁人気です。

もうそうなったら馬券に絡む訳ないですよね。

ちなみに一桁人気の馬が馬券に絡んだのは2回。
要するに5割です。
コレを悪いと言えますかね〜。

オークスにおける7枠の傾向・2016年

外枠になってまいりました。

3着までに入っている馬は30頭中合計5頭。
数字自体は多いのですが当然外になりますので頭数が多くなり、パーセントが下がります。

ではどんな馬が好走したかと言えば

2015年の1番人気のルージュバックが2着。
2013年の5番人気のエバーブロッサムが2着。
2012年の1番人気のジェンティルドンナは優勝。
2009年の4番人気ジェルミナルは3着。
2008年の4番人気のトールポピーが優勝。

馬券になっているのはちゃんと人気サイドの馬。

そしてさらに切れ味のあるタイプ。
ルージュバックは上がりが5位でしたが好位から差してきてます。
バーブロッサムは上がり1位。
ジェンティルドンナも上がり1位。
ジェルミナルは上がり3位。
ちなみにこの年の1着だったブエナビスタが33.6秒という驚異の差し脚を見せていますのでコレはしょうがない。
トールポピーは上がり3位。

要するに上がりに力のある馬が入ってきてます。

オークスにおける8枠の傾向・2016年

大外ですが29頭いますが3着以内は4頭います。

この枠は人気サイドの馬がとんでるんですよね。

まず、3着以内に入っている馬は

2015年の6番人気のクルミナルが3着。
2011年の8番人気のピュアプリーゼが2着。
2010年は1番人気のアパパネが優勝、そして5番人気のサンテミリオンが同着で優勝。

4頭いるんですが2010年が同着だったんですね〜。

で、とんだ馬。
2011年の3番人気のグルヴェイグが14着。
2008年の1番人気のリトルアマポーラが7着。
2007年の2番人気のザレマは10着。
2006年の2番人気のキストゥヘヴンが6着。

このような結果となっています。

グルヴェイグに関しては出遅れ。
リトルアマポーラ武幸四郎騎手(ノーコメント)
ザレマに関しては1600〜1800なんでしょうね、適性が。
キストゥヘヴンも1600〜1800が限界距離。

後付けになりますが、やはり距離適性を見抜かないと何ともならない感じですね。

オークスの枠順の傾向のまとめ

やはり内の方がイイ感じがします。

しかし、やっぱり適性なんですかね。
競走馬の今後の動向を妄想しながら
この馬は今後どのような距離のレースを勝っていくのか
想像しながら予想を楽しみむのが良いかと思います。

今年のオークスも楽しみましょう!!

オークス2016年穴馬予想!!

距離適性的にはこの馬に興味がわきますよね。
ローテも良い感じかと思います。
という事で、ワタクシはこの馬を推奨いたします。
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ
(プロフィール欄に記載してあります!)

オークス2016年 予想!!


という事で、現段階の予想をのせておきますね~
直前まで予想は変動しますので
ちょくちょく見ていただけたらと思います
↓↓↓