【日本ダービー2016年】枠順発表とダービーで勝てる枠順検討!(前半:内枠編)

先ほど2016年のダービーの枠順が発表になりましたね。

何とも言えない枠になってますね。

有力どころは軒並み内に来ている感じです。

さて、ダービーは圧倒的に1枠が有利と言われてます。

となると、今年はディーマジェスティとマイネルハニー。

さて、この1枠が良いと言うデータは本当に信頼できるデータなのでしょうか???

まずは枠順を確認、そして後半はダービーの枠について検討していきます〜

日本ダービー 2016年 枠順発表!!

1枠1番 ディーマジェスティ 蛯名
1枠2番 マイネルハニー 柴田大

2枠3番 マカヒキ 川田
2枠4番 レインボーライン 福永

3枠5番 エアスピネル 武豊
3枠6番 アグネスフォルテ 松山

4枠7番 ロードクエスト 岩田
4枠8番 サトノダイヤモンド C.ルメール

5枠9番 マウントロブソン T.ベリー
5枠10番 スマートオーディン 戸崎

6枠11番 アジュールローズ H.ボウマン
6枠12番 リオンディーズ M.デムーロ

7枠13番 レッドエルディスト 四位
7枠14番 ヴァンキッシュラン 内田
7枠15番 イモータル 石川

8枠16番 ブレイブスマッシュ 横山典
8枠17番 プロフェット 浜中
8枠18番 プロディガルサン 田辺


この後は「【日本ダービー2016年】枠順発表とダービーで勝てる枠順検討!」


日本ダービー2016年】枠順発表とダービーで勝てる枠順検討!

まずコレを見て下さい。

日本ダービー_2016_枠順_過去10年

今回使っているデータもKLANから。
今すぐ使いたい方はコチラから
【強い馬が2秒でわかる★KLANプレミアム】


ビックリするほど1枠ですね・・・・

で、後はほとんど見た感じ変わらないような・・・・。

keibahakakuritu.hatenablog.com


上の記事で、東京競馬場芝2400の傾向を検討して見てます。

多くのクラスもすべて平べったく見てみると
内が有利という結果にはなっています。

しかしこのダービーの結果を見てみると
1枠だけが突出しているンですね。

これは、たまたまなんでしょうか・・・・

詳しく見てみましょう。

だいぶ長文になってしまいました。
後半は外枠について考察していきます。

ダービー過去10年の1枠の傾向

ダービーの1枠は確かに圧倒的です。
ここ10年で優勝馬が6頭です。

コレは尋常ではないですね。

しかし・・・・

1着はやけに多いのですが
3着がいないんですよね。

という事は
過去10年に1枠の馬は20頭いますので
複勝率は40%。

やっぱりすごいですね。

さて、内訳をもう少し詳しく見ていきましょう。

1枠に入ってきていた馬は
過去10年で8頭も馬券に絡んできてくれてます。

そして、同じ年に同時に2頭が馬券になったことはありません。

馬券に絡んだ馬と、人気を見てみると
やはりそれなりに人気になっております。

2006年の優勝馬、メイショウサムソンは1番人気
2008年の優勝馬、ディープスカイも1番人気。
2009年の優勝馬、ロジユニヴァースは2番人気。
2010年の優勝馬、エイシンフラッシュは7番人気。
2011年の2着馬、ウインバリアシオンは10番人気。
2013年の優勝馬、キズナは1番人気。
2014年の優勝馬、ワンアンドオンリーは3番人気。
2015年の2着馬、サトノラーゼンは5番人気。

こんな感じの8頭となります。

言ってみれば安定した感じと言ってもイイかと思います。

人気薄からの飛び込みとしては
エイシンフラッシュウインバリアシオンとなりますね。

さてこの馬達はなぜ活躍できたのでしょうか。

まずはエイシンフラッシュ

今思えば、なんでこんな人気がなかったのでしょう。
エリカ賞京成杯の2連勝をして皐月賞にきましたが、
ビックリの11番人気。
なんで、中山芝2000mの皐月賞を同じ条件の
京成杯の優勝馬にもかかわらず11番人気。
中間発熱もありましたが、11番人気は人気を落としすぎでしたね。
そんななかでも3着に入ってくるんですよね。

それでもまだまだ信じられなしと言うことで
ダービーで7番人気。
しかし、32.7秒の鬼脚をみせて優勝!
単勝2.1倍のヴィクトワールピサを負かしての優勝。
その後の活躍は皆さんご存じのこと。

そして、ウインバリアシオン
青葉賞で優勝したにもかかわらず10番人気だったんですよね。

このときはこの馬のポテンシャルがよくわからなかったんでしょう。
1番人気に推されたきさらぎ賞で惨敗。
弥生賞でも良いところなく皐月賞に出られず。

逆にココが良かったのかもしれません。
確かに同じ青葉賞組でもトーセンレーブの方が信頼度が高かったと思います。
しかしウインバリアシオンはこの青葉賞で33.6秒で勝っているわけです。

東京の2400mはこのような脚質は見逃してはいけないんですね。

また逆に人気サイドになっていたのに馬券に絡めなかったのは
2008年の3番人気のサクセスブロッケン

この馬は・・・・

ダービーまで4戦4勝できてます。

しかしすべてダートなんですよね・・・・。

なんで、出てきたんでしょうか・・・。

ちなみにその後は、ダート路線でもの凄い活躍でしたよね
G14勝。
見事です

ちなみに、過去10年に3番人気以上の馬は30頭いるわけですが
そのうち7頭が1枠。
23%がこの枠と考えれば
人気馬が入ってくることが多かったことも考慮に入れる必要があるでしょう。

平均人気で言えばダントツの一位ですからね。

ダービー過去10年の2枠の傾向

さて2枠です。
東京芝2400mでは非常に良い枠です。
しかしダービーでは、まぁ良いほう。

しかしよーく見てみましょう。

この枠には人気になる馬がかなり入ってきてません。

過去10年の3番人気以内の30頭中、なんと2枠には1頭しかおりません。

それは2007年の3番人気のウオッカだけです。
ウオッカに関しては牝馬と言うことで3番人気になっていたのでしょう。
フラットに考えれば単勝1.6倍の1番人気フサイチホウオーよりも評価して良いかと思います。

さて、そんな人気馬の入ってこない2枠ですが
馬券に絡んだのはウオッカを含めて4頭います。

2008年の6番人気のブラックシェルが3着。
2013年の8番人気のアポロソニックが3着。
2014年の12番人気のマイネルフロストが3着。

はい。
コレはなかなか素晴らしいと思いませんか??

ブラックシェルに関してはホープフルで2着。
弥生賞でも2着。
そしてNHKマイルで2着。

この成績を見ればある程度のスタミナとスピードを兼ね備えていると見て良いかと思います。

しかも、上がりの3ハロンはきっちり走ってくるタイプ。

アポロソニックに関しては青葉賞の2着。
スタミナ十分な逃げ馬でした。

マイネルフロスト毎日杯で優勝しましたが皐月賞を回避して青葉賞
この、ダービーを見据えたローテーション。
似たような馬が今年は1枠に入ってきましたね。
怖いですね・・・。

いずれにせよ、2枠は人気馬が入ってきていないにもかかわらず
中々の成績を残していることから考えても、好枠といって良いと思います。

ダービー過去10年の3枠の傾向

この枠も人気馬があまり入ってきてません。

馬券になっているのは
2006年の4番人気のアドマイヤメインが2着。
それから、2011年のオルフェーヴル

逆にダメだったのが2012年のゴールドシップ
それから2014年のトゥザワールド

まず、ゴールドシップ
これは・・・・。
前がどうにも止まらなかったですね。
勝ったディープブリランテが強かった。
上がりは良かったのですが、展開が向かなかった感じかと思います。

トゥザワールドに関しては位置取りがどうしてもうまくいかなかったんでしょうね。
それでも5着に入ってきていたのは馬の力があったのでしょう。
ショウナンラグーンにも言えるところですが
このレースに関しては早めの位置取りが必要だったのでしょう。


ダービーの追い切り推奨!

やはりこの馬場1番よく見えました!

という事で、ワタクシはこの馬を推奨いたします。
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ
(プロフィール欄に記載してあります!)

ダービー 2016年 予想!!


という事で、現段階の予想をのせておきますね~
直前まで予想は変動しますので
ちょくちょく見ていただけたらと思います
↓↓↓