【ユニコーンステークス 2016年】絶対的に有利な枠は???

今週の日曜日の東京競馬場ユニコーンステークスが行われます。
3歳・G3 ダ1600m 別定戦となります。

ここ最近は、若い世代で強いダート馬が出てきてます。
そうです。
この世代はラニの世代ですよ!

今、ラニといえばこの世代のダートでは相当強い馬である事は間違えないかと思います。
しかし、UAEダービーに行った時って
「なんでラニとかユウチェンジあたりが行くんだ?」
「1.5軍?」
なんて、一部でいわれてましたが・・・・

なんでそんな事言われたかと言えば、ヒヤシンスステークスでの惨敗。
そのレースでラニの上位に入っていた馬達が出てくるのがこのレースとなります。


さて、3歳前半のダートの総決算となるユニコーンステークス

去年は単勝1.5倍のゴールデンバローズがとんでノンコノユメが圧勝。
その後のノンコノユメの活躍はもの凄かったですよね〜

一昨年はアジアエクスプレス
単勝1.3倍でとんでますからね〜

さて今年はどんなレースになるのでしょうかね〜

ユニコーンステークス 2016年 登録馬

  • アルーアキャロル
  • イーグルフェザー
  • エキドナ
  • オーシャンビュー
  • クインズサターン
  • クリノリトミシュル
  • グレンツェント
  • ゴールドドリーム
  • ストロングバローズ
  • スミレ
  • ダノンフェイス
  • デピュティプライム
  • ノーブルサンズ
  • ノーモアゲーム
  • ヒロブレイブ
  • ビービーサレンダー
  • ピットボス
  • ピュアコンチェルト
  • マイネルバサラ
  • マインシャッツ
  • モンスターキング
  • ヤマイチジャスティ
  • ヨシオ
  • レッドウィズダム
  • ヴェゼール

この後は【ユニコーンステークス 2016年】枠順の傾向対策!


ユニコーンステークス 2016年】枠順の傾向対策!

東京ダート1600mは、なかなかクセのあるコースですよね。
その中でも枠順のクセがなかなか強いコースと言えると思います。

特徴的なコースですからコース適性は非常に重要となってきます。

しかし3歳のこの時期ですから
コースの適性はまだまだ未知数な馬も多いわけで
コース適性にばかり目が行ってしまうと本質を見逃す可能性があります。


その中でも枠順のファクターは面白い傾向がありましたので
ちょっとまとめてみます。

[ユニコーンステークス][2016][枠順][過去10年]

今回もKLANというデータベースから資料をもってきてます。
コレさえあれば競馬新聞なんていりません!
ていうかワタクシは3年ほど新聞なんて買ってません!

今すぐ使いたい方はコチラから
【強い馬が2秒でわかる★KLANプレミアム】

ユニコーンステークスの枠順傾向

基本的に東京芝1600mは、外枠有利なはずです。
しかし、ユニコーンステークスの過去10年を見るかぎり
そうでもない傾向も見られます。

確かに6枠は優秀な成績ですが
2枠も良いんですよね。
そこらヘンを少し掘り下げてみます。

ユニコーンステークスの内枠の傾向とは?

内枠に関しては2枠を取り上げてみます。
ぱっと見、1枠はきびしいのは一目瞭然かと思います。

アジアエクスプレスやらアエローザをみても
ダントツの1番人気が簡単にとんでしまいます。

ということで、2枠。

まず平均人気と平均着順を見てみましょう。
平均人気ですが、1枠についで8.2人気となっています。

東京競馬場といえば外枠有利なはずですが
このレースでは1枠に人気馬が集まっているようです。
その1枠に関してはおいといて
2枠の平均着順を見てみると、8.3着。
コレは8枠中4番目の成績ですので
可もなく不可もなくという感じですね。
しかし複勝率を見ると
6枠と並んでトップになるわけです。

じゃ、なんか良さそうな感じもしてきますが・・・・。

人気馬に関しては
1〜3番人気までにはいっていた馬はなんと3頭のみ。
2012年のストローハットは1番人気で優勝してますが
2008年のサダムイダテンは2番人気で11着。
2007年のシャドウストライプは3番人気で12着。

やはり順当に行かない不安定な枠のようです。

で、平均着順をあげているのが
2014年の7番人気のバンズームの3着。
2012年の8番人気のタイセイシュバリエの3着。
2016年の7番人気のヤマタケゴールデンの2着と、5番人気のフィールドオアシスの3着。

中穴がはいって平均着順と複勝回収率を上げています。

では、馬券になっている馬を見てみると
タイセイシュバリエ以外は差し追い込みですね。

で、この東京ダート1600mの特徴を考えてみましょう。
やはりこの脚質ですよね。

ということで、上がりのタイムを見てみると
各馬前走、前前走と上がりをしっかり良いタイムで走破しているンですよね。

それからフィールドオアシス以外は芝のレースからダートに変わってきている馬。
共同新聞杯やスプリングステークスに出ている馬達です。

内枠の対策としては、ここら辺を注意した方が良いのかもしれませんね。

ユニコーンステークスの中枠の傾向とは?

ここでは3枠と4枠を見て行きます。

ざっくり見てみますと
「安定の中枠」と行ったところでしょうか。

3枠を見てみると
1〜3番人気までの馬は4頭いましたが
キングブレイク以外の3頭はちゃんと馬券に絡んでいます。

ちなみに人気薄から馬券に絡んだのは
今を輝く、サウンドトゥルーです。
悪いレースをしていたわけではないのですが
500万下条件をなかなか勝ちきれない感じでしたから
そこを嫌われたのでしょうね。

4枠も同じような感じです。
1〜3番人気までの馬は5頭いましたが
2013年のチャーリーブレイヴ以外はしっかり馬券に絡んでます。

ちなみに4番人気以降の馬が馬券に絡んだことはありません。


5枠ですが
ここも大きな波乱要素を持ち合わせる枠ではないのかもしれません。

過去10年で1〜3番人気までの馬は5頭。
そのうちから3頭馬券に絡んでます。
去年のノンコノユメもそうですね。


という事で、ある程度人気通り。
悪くは無いけど、波乱の馬が出てくる感じでは無い。

そんな感じですかね。

ユニコーンステークスの外枠の傾向とは?

さてさて、問題の外枠です。
このレースにおける外枠はどんな傾向だったんでしょうか。

まず6枠。
1〜3番人気までの馬は5頭います。
その5頭ですが3頭が優勝してます。
で、2頭は馬券外です。

なんだたいしたことないじゃんと思うでしょう。
しかし、確かに馬券外なんですが、この二頭は両頭ともに4着。
惜しいレースだったんですよね。

去年のゴールデンバローズと2010年のスターボードです。

そして3番人気以内に入っていない所から、2頭馬券に絡んでます。

2007年の7番人気のナムラジョンブルが3着。
2006年の4番人気のナイキアースワークが優勝。

そう考えると、だいぶ良さそうな枠に見えてきますね。

続いて7枠。
1〜3番人気までの馬は3頭です。
はい、全部馬券に絡んでます。

そしてもう1頭馬券に絡んでいますが
2008年の6番人気のアポロドルチェが3着に入ってます。

そして問題の8枠。
コレが驚異の8枠です。

まず人気ですが
1〜3番人気までの馬は1頭もいません。
過去10年人気馬がこの枠に入ってこないこともすごいんですが・・・・。

そして馬券に絡んでいる馬ですが
過去10年、8枠から4頭が馬券に絡んでいます。

要するに、おいしい馬はここにいるかもですよね〜
去年の9番人気のノボバカラは2着。
2014年のコーリンベリーは4番人気からの2着。
2013年のケイアイレオーネは11番人気からの3着。
2010年のサンライズクォリアは6番人気からの3着。

しかもヘンな傾向があるんですが
この枠に入って馬券に絡んだ馬は
サンライズクォリア以外は逃げ・先行。
東京ダートのマイルでは絶対的に差し・追い込みが有利なのですが
この枠では好位についていて残れる感じもあるようですね。

さて、いかがでしょうか。
信頼度が未知数の内枠の人気サイドは熟考しましょう。
そして、外枠の馬には十分注意が必要かと思います。

ユニコーンステークスの注目馬!

このレースは、ちゃんと強い馬がちゃんと勝つレース。
今回のメンバーで、あまりさ変わらない方が良さそうなのはこの馬かと思います。

という事で、ワタクシはこの馬を推奨いたします。
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ
(プロフィール欄に記載してあります!)

ユニコーンステークス 2016年 予想!!


という事で、現段階の予想をのせておきますね~
直前まで予想は変動しますので
ちょくちょく見ていただけたらと思います
↓↓↓