「新装開店!」三着までに入る馬をさがすブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【帝王賞 2016年】ホッコータルマエ!!春のダートの締めくくり!!!

予想 予想 - G1

6月29日は大井競馬場帝王賞が行われます。
交流G1のダート2000メートルですね。

春のダート路線の締めくくりになるこのレースにはJRAから7頭出てきてます。

そこらヘンをしっかり見ていきましょうか〜

帝王賞 2016年 登録馬

JRAからの登録馬はこの7頭です。

豪華ですね〜


南関東

その他

あぁ・・・ナムラビクター・・・・。

この後は【帝王賞 2016年】有力馬検討!


帝王賞 2016年】有力馬検討!

今年の帝王賞JRA組以外考えにくいメンバーかと・・・。
ハッピースプリントあたりが出てくれば・・・。

アスカノロマン

先日の平安ステークスは見事なレースでしたね〜

ワタクシも単勝2.2倍でしたが、勝ち負けはこの馬だろうということで◎に推奨させていただきました。

keibahakakuritu.hatenablog.com

上の記事でも推奨させて頂きましたが、充実したシーズンになってきていると思います。

アスカノロマンに関しては気になって気になって、
アンタレスステークスでも◎と推させて頂いております。

keibahakakuritu.blog.fc2.com

結果は2着でしたので悪くはないと思います。
しかし、地力的にはどうなんでしょうか・・・
4角をまわったところからアスカノロマンは必死に走り、
逆にアウォーディーは外から涼しい顔で差していく感じすらしました。

結果はコンマ1秒差。
よく頑張ったんではないでしょうかね。
しかし、アウォーディーは強いですね・・・。

だからこその平安ステークスだったかと思います。

アンタレスステークスでは、あえてアウォーディーを嫌っていきましたが、この馬がもしかしたら現役最強かもしれませんね。

そしてそのアウォーディーと差のない競馬をしていたアスカノロマンも評価を高めておきたいと思います。

アムールブリエ

平安ステークスは8着。
そこそこ走ったかと思います。
確かに末脚も37.5秒で4位。

でも、ここぐらいの順位が精一杯かと思います。

たしかに川崎記念の3着は字面的には立派かと思います。
ホッコータルマエサウンドトゥルーについでの3着。

しかしレース的に確かに追い込んできましたが、だいぶ離されていたかと思います。

これは実力の差がハッキリ出ているかと思います。


クリソライト

正直、アスカノロマンよりも上位の評価を与えることはできませんね〜
その根拠は、平安ステークスアンタレスステークス

どっからみても、アスカノロマンに勝てそうもないような・・・・。

とはいえ、ノーチャンスというわけではないかと思いますが・・・・。

その根拠としては去年の帝王賞の2着。
それからJBCクラッシックでの4着。
大井競馬場の2000mとなると安定感が出てくるんですよね。

という事でヒモに一考。

コパノリッキー

ここ最近は良いレースがなかったのですが、かしわ記念でしっかり優勝しました。
ちなみにかしわ記念の2着は、マイル前後で非常に強いレースをしているソルテ。
3着はベストウォーリア

この2頭はさきたま杯でもワンツーでしたね。

かしわ記念で興味深いのは、4着のノンコノユメ
そして5着のサウンドトゥルー
8着のモーニン。

かしわ記念は、前で競馬した3頭で決まってしまったわけですが、この馬のポテンシャルは見せてくれたと思います。

まだまだ見限るのは早いかと。

サウンドトゥルー

かしわ記念は実力を発揮できなかったかと思います。
多少距離が忙しかったんですかね〜

JCBクラッシックの2着、東京大賞典の優勝。
大井の2000mはきっちり走りそうですね。

川崎記念ホッコータルマエに負けたレースはしょうがないでしょう。
相手が強かったと。

タイム差なしですし悲観する内容ではないと思います。

ちょっと心配なのは馬体重。
ワタクシ的な勝ち負けの絶対条件は、馬体重増です。

マイナス体重ならば、ヒモへ・・・・。

ノンコノユメ

去年のこの時期、青竜ステークス、ユニコーンステークスの流れから見ると、相当強い馬が出てきたな〜と思ったモンです。
しかし当時はゴールデンバローズのほうが人気でしたけれどもね。

そのあともジャパンダートダービー武蔵野ステークスを連勝してきて、秋のG1の主役となるわけですが、チャンピオンズカップではサンビスタがね〜
それでも2着をキープ。

あけて今年のフェブラリーステークスは、モーニンには追いつけませんでしたが、きっちり2着。
負けて強しって感じイメージを植え付けた一戦だったと思います。

しかし、かしわの記念は意外でしたね。。。
馬券にすらなりませんでした。
脚質的にきびしいのでしょうかね、あの展開は。

もちろん、マイルもこなせると思いますが、展開1つのこの脚質がきびしくなったりしますね。

今回のレースですが、コパノリッキーホッコータルマエが削り合えばこの馬の出番でしょう。
しかし、スローになったら・・・・・。

ホッコータルマエ

チャンピオンズカップは悪いレースではなかったと思うんですよね。
好位から4角でコパノリッキーに並びかける。
ちょっと早いかな〜なんて思いましたが、その後からきたサンビスタが良すぎましたね。

そして、最後に内からきたノンコノユメ
そして外からきたサウンドトゥルーロワジャルダンにかわされてしまっての5着。

とはいえ、大きく負けているわけではないと思います。

しかし問題は東京大賞典
コパノリッキーのマークはしっかりできており、このレースをすればコパノリッキーに負けることはないと思います。

しかしサウンドトゥルーに思いっきり差されてしまいましたね。
このレースを見る限り、「世代交代か・・・」と思わされてしまいました。

しかし、まだ死んでません、この馬は。

川崎記念ではきっちりかりを返すレースで優勝。
前人未踏のG1 10勝を決めたわけです。

バイでは・・・・。
なんだったんでしょうかね。

いずれにせよ、まだまだこの馬はやりますよ!!!(思い入れが強すぎるかな・・・)

帝王賞のワタクシ的推奨馬!

という事で、ワタクシはこの馬を推奨いたします。
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ
(プロフィール欄に記載してあります!)