「新装開店!」三着までに入る馬をさがすブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏競馬の馬券購入必須知識!降級馬・昇級馬の考え方。

馬券術

競馬にはクラス分けがあります。
新馬・未勝利から勝つごとに上がっていきます。

1勝すると500万下というクラスへ。
500万下というクラスで優勝すれば1000万下のクラスへ。

そして1000万下で優勝して1600万下へ。
1600万下で優勝すれば、晴れてオープンへ。

オープン入りした馬が、基本的にG1などの重賞レースに登場してくるわけです。
競馬界のヒエラルキーのトップに君臨している馬達となります。

クラス分けの詳細を知りたい方はJRAのホームページが勉強になります。
JRA|競馬のルール|レースのクラス分け


さて実際はということですが、
クラスが上になればなるほど当然馬の実力はあるということになるわけですが、
ご存じのように競馬は色々な要因で、馬の実力では計ることができないレース結果のこともありますよね。

要するに、1000万下から1600万下条件にやっとこさ上がった馬が、1600万下のレースに初めて登録したとします。
このクラス初戦ですし、なんとかこのクラスに上がってきた馬だからいきなり勝てるとは考えられないよね〜、ということで12番人気だったりします。
しかし、レース展開がたまたまはまり優勝してしまったとします。

そうするとこの馬のクラスはオープンというクラスとなるわけですよね。

この馬の実力は1000万下ではトップクラスであったのですが、1600万下ではまだまだ中の下ぐらい。
そんな馬はオープンに行って勝てるわけがないんですよね。

ということで、夏の競馬にはこのへんの知識が必須です!

夏競馬の番組表の見方

なぜ、このチェックが必要かって?
昇級馬は前走下のクラスで勝って、上がってきた馬。
降級馬はもともと上のクラスで戦っていたけれども、クラス編成で落ちてきた馬。

要するに降級馬はこのクラスは既に勝った経験があるということです。

初心者の方には
「そんな事言っても、どんな風に予想していったら良いかよくわからないよ!」
っていわれてしまうかもしれません。

では、まずここを見ましょう。
先週のレースです。
7月10日に行われた中京10R木曽川特別です。

ワタクシはKLANを使っていますのでこんな感じの画面になります。
KLANに関してはコチラ
一歩差がつく競馬予想ツール★KLANプレミアム

[降級馬][夏競馬]

見慣れた馬柱かと思います。
普通の競馬新聞も似たようなモノです。

注意してみてもらいたいのがココ。
赤枠の所です。

[降級馬][夏競馬]

1着2着は、ヤマカツライデンとサンライズセンスでした。

1000万下条件で2走前に優勝してます。
そうです。降級馬となります。

ヤマカツライデンの印が弱いのは中京芝2200mでの逃げ馬の成績がそれほど良くないので弱くなってしまったのですが・・・。

それから、ジェネラルゴジップ。
ココで見て頂きたいのを青枠にしてあります。

[降級馬][夏競馬]

ずっと、1000万下クラスで好走していたのですが、賞金が足りなくなり6月の降級してしまった馬です。
そんな馬ですから、前走の500万下のクラスは当然優勝します。
すぐにこのクラスに戻ってきているわけです。

この3頭で決着となり、馬連1650円、三連復3550円です。

さて、どうでしょう。
何となく分かってきましたか?

夏競馬の馬券のキモ!昇級馬か?降級馬か?

前走、下のクラスであっても優勝してレースに臨んでいますので、「勢いがある」「状態が良い」と考えてしまいますよね。

しかし競走馬の勢いってのは、それほど長く続かないんですよね。
よっぽど強ければ別ですが、このクラスはそうでもないわけです。

ということから考えてみると、2走前あたりに短期休養を入れての降級馬は状態も良く、買いかと思います。

しかしそこで注意が必要になってくるのが、オッズ。

ここら辺は競馬ファンでは当たり前の知識。

手広く行くよりも、狭めて馬券を購入することをお勧めします!