「新装開店!」三着までに入る馬をさがすブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【チャンピオンズカップ@2016】アウォーディーを中心にステップレースで各馬の力関係を見てみましょう!やっぱ強いな・・・。

予想 - G1 予想

ビックリなニュースが2本飛び込んできましたね。

ホッコータルマエの引退とタガノトネール予後不良での安楽死

ホッコータルマエはワタクシにとっても思い入れのあるサラブレッドでした。
今回も◎で行く予定であったのですが、レースに出なければ印を打つことすらできません。
大賞典の引退レースをたのしみにしてたんだけど、とりあえず感謝!という事で。

西浦勝一調教師のコメントだと
「ずっと脚元に不安を抱えたまま」
だったそうです。

涙が出てきますわ。

news.netkeiba.com


タガノトネールも残念でした。
何とも、調教中の事故ってのが悔やまれます。
武蔵野ステークスでのレコード勝ち。
このレースは8番人気だったのですが、この馬ってずーっといいレースしてたんですけどね。
残念すぎますね・・・。

そしてケイムホーム産駒の稼ぎ頭でしたから、この血統もさびしくなるのでしょうか・・・。

news.netkeiba.com


つらすぎますね。。。。


さて、今週末は中京競馬場チャンピオンズカップが行われます。

上記2頭が抜けてしまったので予想的には困ってます。
ホッコータルマエを中心に展開の予想をしてたので、レース展開に関しては最初から考え直しかも・・・。


では、今回はアウォーディーが走ったレースを前3走ピックアップし、どんな勝ち方をしたので今回も期待できますよ〜的話になります。

JBCクラシック2016のアウォーディー

さて、前走のJBCクラシックはすごいレースでした。

スタートでコパノリッキーがね〜
こういう事で、田辺騎手批判やらなにやら・・・ごにょごにょ・・・・。
しかし、かしわ記念やら帝王賞やらでも逃げてませんからね〜。

いずれにせよ、各馬好位につけていましたね。

向こう正面でコパノリッキーが上がっていく所をアウォーディーがしっかりついていきましたね。
アウォーディーがマークしていたのはリッキーだったのでしょうかね。
たしかにJBC前はリッキー最強説でしたしね。

アウォーディーはカーブのところで、コパノリッキーをおいてきますね〜
コレは強いですね。
エンジンの掛かりが違うというか。

さらにアウォーディーは、四角のカーブで外からホッコータルマエをとらえて曲がりきったときには前に出てるんですよ。
コレはすごかったですね。
この馬のコーナーワークは本当に見事ですね〜
もちろん武騎手も上手いんでしょう。

しかし我らがホッコータルマエ
食い下がるんですよね。
しかも、食い下がるだけではなく差し返そうと必死に!

残り200m。
もう、コパノは力尽きてましたが、そのそとからサウンドトゥルー

そしてもう1頭。
ノンコノユメ
そもそも去勢手術後の初戦。
絶対的に割引が必要、しかもマイナス15キロ。
しかし4着に来ましたね〜
ちょっと注目しておきたいところですね。

ということで、アウォーディーが小回りでも素晴らしいレースをしてくれたわけですね。

一応、当時のワタクシの関連記事。

keibahakakuritu.hatenablog.com


タルマエ愛が強すぎるきらいもありますが・・・・

いずれにせよ、馬券的にはサウンドトゥルーの評価を下げていたのがダメダメですね〜

で、問題は
「もし、コパノリッキーが逃げていたら・・・」
だと思うんですよね。

JBCは2連覇中でしたからね。

違った展開となったかもしれませんが、アウォーディーにマークされたらね〜

で、アウォーディーの強さですが、やはり相手なりに走れてしまう所だと思うんです。

ではつぎにアウォーディーが前に行くとどうなるかです。

日本テレビ盃2016のアウォーディー

で、前にいってのアウォーディーの強さが発揮されてたレースですね〜
相手はモーニンです。

ハナを切ったのがモーニン。

ペース的にも良い感じでした。
そのすぐ後にアウォーディー
この2頭がレースを引っ張っていきます。

そして4角のはいりからグイグイくるわけですが、直線に入ってからは一気に抜き去る感じの上がり方。
やはりアウォーディーのコーナーは迫力ありますね〜

しかし、ココでモーニンが粘りました。
アレは素晴らしいたたき合いでしたね。

で、上がりがアウォーディーが37.0。モーニンは37.1秒。

3着のサウンドトゥルーは、流石の末脚で37.3秒でしたが、その他の馬は上がりだけで1秒も違うんですよね。

非常に見応えのあるレースでしたが、アウォーディーはもちろんモーニンの能力の高さを再確認しましたね。

ただ、気になるコメントも。
松永幹夫調教師の日本テレビ盃後のコメントですが・・・・

「人気していましたし、勝ててホッとしました。状態はすごく良かったです。ただ、相手が強いので、不安もありましたから、勝ててホッとしました。この馬は、どうしても気の悪い面があるので、最後は心配しましたけれども、とにかく勝ててよかったです。今日のように走るのをやめなければ、かなりやってくれると思います。ここで権利を取れましたし、JBCクラシックに向かいたいと思います」


「走るのをやめる」
どういう条件になると「走るのをやめる」のか・・・・
それが知りたいですね〜

アンタレスステークス2016のアウォーディーチャンピオンズカップ2016 】

最後に今年の4月に行われたアンタレスステークスをピックアップします。
ここでの相手はアスカノロマンですね。

いってみれば、
これからグイグイ行くぞって感じだったアスカノロマンです。
去年の東海ステークスで重賞初優勝し、次走のフェブラリーステークスで3着に入ったんでしたよね。

アスカノロマンに関しては、同世代のロワジャルダンとの勝負はついたって感じだった時期ですね〜

しかし、アンタレスステークスではアウォーディーダントツの単勝1.8倍の1番人気でしたが、2番人気はロワジャルダン
アスカノロマンは3番人気でしたね〜。

さてレースですが、ゲートで少しアスカノロマンは立ちおくれたのかなって感じですね。
しかし馬の行きっぷりは良く、先団につけます。

向こう正面あたりでは、アウォーディーは中団から少し後でイイ感じだったのは確かです。
圧勝したシリウスステークスを彷彿とさせますね。

そして3角からから4角のコーナリング
アウォーディーのコーナーリングはホント素晴らしいですね〜

アウォーディーは、直線に入ってからは、相変わらずグン!とのびます。

先頭に立ったアスカノロマンの太宰騎手も必死に鞭を入れているんですが、

しかしアウォーディーはその外をスーとのびてアスカノロマンの前に出ます。
最後はしごいたぐらいでゴール。

着差以上に差を感じるレースでした。

アウォーディーのステップレースまとめ

まぁ、勝っているレースですから強く見えるのかもしれませんが、どんな展開になってもそれなりに対応でき、さらにしっかり勝ってしまう。
この強さは本物かもしれませんね。
JBCクラシックに続いてG1レース2連勝も間近かもしれませんね!

KLAN 単勝回収率&複勝回収率情報!!!

先週のワタクシの軸馬はどんな感じだったのでしょう??

2016_1127_KLAN_単勝_複勝

中々の結果じゃないですか〜
もし参考にしたい場合は、下のKLANというデーターベースに登録すれば随時閲覧できますよ〜
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
予想から馬券購入まで、無料で使えるあなた専用の競馬データベース【KLAN.jp】

2016年チャンピオンズカップにおける要注意!

ワタクシも迷っているんですが・・・・
思ったよりも

という事で、ワタクシはこの馬を推奨いたします。
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ
(プロフィール欄に記載してあります!)

チャンピオンズカップ KLANで予想を見てみよう!!


という事で、現段階の予想をのせておきますね~
直前まで予想は変動しますので
ちょくちょく見ていただけたらと思います
↓↓↓

見られない方はコチラから
2016年12月4日(日) 中京11R チャンピオンズカップの予想
http://klan.jp/r20160704021101?userid=13125#prediction