【日本ダービー予想2017年】馬券に絡む馬の人気の傾向を考察してみたら、何となく傾向が見えてきたような。。。。

日本ダービー_アイキャッチ


今週の日曜日はダービーです。

迫ってまいりましたね〜

まず、ダービーの傾向を見ていきましょう。

で、東京芝2400mの傾向はこちらにまとめてありますので、ご一読を!

keibahakakuritu.hatenablog.com

日本ダービーで馬券となった穴馬は?

今回は過去10年の結果をまとめてみました。

黄色に編みかけしているのが5番人気〜9番人気。
ピンクが二桁人気です。

ダービー_過去10年

今回もKLANで調べております!
いつもお世話になっています!

【強い馬が2秒でわかる★KLANプレミアム】

さてさて、
5番人気以降の馬が馬券に絡んだのは13頭おりました。

なんか偶然ですね〜
オークスと一緒じゃないですか!

で、その中に4頭二桁人気の馬がおります。

オークスよりも荒れている感じですね。

そして、ここ2年は大きく荒れてはいませんが、2着3着に穴が入ってきている傾向は見られますね。

では、実際の馬券の様子を見てみましょう。

日本ダービー 実際の馬券の状況は?

日本ダービーの優勝の傾向は

過去10年で優勝した馬は、マカヒキドゥラメンテワンアンドオンリーキズナ 、ディープブリランテオルフェーヴルエイシンフラッシュロジユニヴァースディープスカイウオッカ

そうそうたるメンバーですね。

エイシンフラッシュ以外は3番人気以内でした。

しかしエイシンフラッシュに関しても、7番人気になるほど悪い馬ではなかったと思います。
なんといっても京成杯を1番人気で優勝して、皐月賞も3着。
しかし7番人気だったのは、本当に強い馬が集まってた年だったんですよね。

ヴィクトワールピサルーラーシップローズキングダムペルーサ
トゥザグローリーが10番人気ですよ。
という事は、エイシンフラッシュにしてもほかの年だったら、かなりの人気だったんではないでしょうかね。

さて、優勝する馬に関しては、ビックリするぐらいの馬はくることはないようですね。

となると、人気サイドから選んでいった方が無難かもしれません。

日本ダービーの2着馬の傾向は

2着に入っている馬はサトノダイヤモンドサトノラーゼンイスラボニータエピファネイアフェノーメノウインバリアシオンローズキングダムリーチザクラウンスマイルジャックアサクサキングス

なんとココに二桁人気の馬が3頭も入ってきてます。
それから5番人気の馬も4頭。
ていうか、フェノーメノローズキングダムが5番人気だったんですね。

少なくとも重賞の勝鞍がある事。
きさらぎ賞青葉賞が多いかもしれませんね。

要するに人気薄だったとしても、
重賞で結果を残す星の下にいる馬
ってトコロかもしれませんね。

日本ダービーの3着馬の傾向は

ディーマジェスティサトノクラウンマイネルフロスト、アポロソニックトーセンホマレボシベルシャザールヴィクトワールピサアントニオバローズブラックシェルアドマイヤオーラ

5番人気以下の馬は6頭ですね。

で、中々傾向はわからないところですが、
少なくとも2勝以上
していることです。

今年のメンバーを見る限り、数頭一勝馬がおりますね。

「ダービー2017年」三着までに入る馬をさがすブログ的馬券になる馬の傾向は?

頭は基本人気サイドってところで良いかと思います。
今年のように、あまりメンバーが拮抗していなければなおさらかと思います。

そして、2着までの条件としては
「シンプルに重賞勝ち馬」

ワタクシ的には絶対条件として考えてます。

馬券の買い方としては、
どんなに魅力的な穴馬でも、重賞勝ちがなければ3着までとしてみます。
三連単だったら3着固定ですね。

さていかがでしょうか〜

日本ダービー2017年「 推馬!」

ちょっと何とも言えないところがあるのですが、まずこの馬の力はあると考えて良いと思ってます。

競馬ブログランキングにて公開しております。下のリンクをクリックしてご覧ください!


競馬ランキング

(プロフィール欄に記載してあります!)

日本ダービー2017年★予想馬柱を公開中!!★

という事で、現段階の予想をのせておきますね~
直前まで予想は変動しますので
ちょくちょく見ていただけたらと思います
↓↓↓

見られない方はコチラから
2017年5月28日(日) 東京10R 日本ダービーの予想
http://klan.jp/r20170502121001?userid=13125#prediction

他のレースも予想しております!
無料登録で当サイトの馬柱を見ることができます!

予想を見るだけなら無料ですよ!!

予想から馬券購入まで、無料で使えるあなた専用の競馬データベース【KLAN.jp】